昔は脳卒中が多い割に医療も不十分だったが、最近では予防医学の普及により、脳卒中にに対する医療も充実している。

脳卒中には医療が有効です

Pagelist

Yahoo! JAPAN

脳卒中に必要な医療、今と昔

脳卒中には医療が有効です
昔テレビドラマなどでも、老人が脳卒中で倒れるシーンがよくありました。脳卒中で倒れた患者の多くは身体が麻痺したり、言葉を自由にしゃべれなくなったりすることがほとんどで、最悪の場合はそのまま亡くなったりするのです。登場人物は「卒中だ、卒中だ」と叫ぶ場面も珍しくありません。この脳卒中という病気は、昔日本人の国民病と言われていました。原因は食生活で、塩分を取りすぎた結果、高血圧を誘発し、脳卒中を発症するというのが代表的な見解でした。そして塩をよく使う漬物、また味噌・醤油などの摂取過多が主な原因と分析されています。また昔は脳卒中を発症したら、有効な治療法はなく医療には限界があると言われていたものです。

ところが最近では脳卒中という言葉もあまり使われなくなったようです。地方では脳卒中を起こして、半身不随などになることを中風などと呼んでいましたがこの言葉もほぼ使われなくなったようです。最近よく使われるのが脳梗塞や脳出血という言葉です。脳出血は昔は脳溢血と言っていたものです。脳梗塞は何らかの事情で脳血管が詰まり、身体にさまざまな症状を引き起こす病気ですが、昔一般人が脳卒中と一括りに言っていたものの一つと言えるでしょう。ところで脳梗塞は昔のように高齢者だけの病気ではなくなりました。原因も塩分だけでなく、高カロリー高脂肪の食事が原因とされてきています。最近では30代40代の人でも発症することがあり、医療では成人病の一つとして注意を促されているのです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017脳卒中には医療が有効です.All rights reserved.