脳卒中の原因は様々で、現在は症状についての情報も多いです。身体の不調を感じたらなるべく早く医療機関の受診を!

脳卒中には医療が有効です

Pagelist

Yahoo! JAPAN

脳卒中かな、と思ったら医療機関へ

脳卒中には医療が有効です
悪性腫瘍、心疾患、脳・血管疾患は、近年において日本人の死因の主な原因となっています。脳・血管疾患いわゆる脳卒中は、くも膜下出血などの脳出血をはじめ脳梗塞なども含まれるので、ポピュラーな病気といえると思います。実際、自分の親がこの疾患にかかり、長い間の闘病生活やリハビリの様子を近くでみてきたので、ほんとうに身近に感じている病気です。現在は、家庭向けの医療番組がテレビで放映され、有名人の体験談なども紹介されるようになり、予防法についても詳しい説明が聞ける機会が多くなったと思います。喫煙や飲酒はもちろんのこと、過度のストレスや偏った食事を長い間続けることで、血管内にコレステロールが蓄積されて、動脈硬化という状態になります。この状態が長く続くと、血管壁はもろくなり、破れて出血を起こしたり、血液の塊が細い血管に詰まり梗塞を起こします。完全に血管が詰まるわけではなく、一過性に詰まってすぐにもとに戻ることもあるようです。どちらかの身体半分に異常が現れたら、どうもないと思わずに、すぐに病院で診てもらうことが大切だと思います。早期に治療を始めれば、後遺症が小さくすみますが、治療が遅れると大変なことになる場合があります。

現在は、適応されるかどうかは患者の条件によって違いますが、一度詰まった血の塊を薬剤で溶かす治療も有用です。脳梗塞を発症しても、なるべく早い段階からリハビリをはじめて、運動機能を回復させようとする取り組みが、医療現場では行われています。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017脳卒中には医療が有効です.All rights reserved.